健康

ねんどのハミガキ3年愛用者の口コミ。効果は?お口の状態は?

妊活を始めて、歯磨き粉の危険性を知ってからというもの、歯磨き粉にはこだわっている私。

今は娘とともに「ねんどのハミガキ」を使用してます。もうかれこれ3年ぐらいになるでしょうか。

本記事では、
・なぜねんどのハミガキを使い始めたのか
・ねんどのハミガキの効果
・約3年間使用してみた結果

などについて、まとめたいと思います。

市販の歯磨き粉の危険性


合成界面活性剤の危険性は、ご存じの方も多いと思います。

シャンプーや洗剤には気を遣う方が多いのですが「歯磨き粉には無頓着な方が非常に多い」というのが私の印象。

歯磨き粉の危険性についてはNerverまとめにわかりやすくまとめあるので、参考にされてください。

そう。市販の歯磨き粉にも合成洗剤と同じで、界面活性剤が入っているだけでなく、その他にも体に有害なものが沢山!

子ども用の歯磨き粉が小さい理由は、大きいサイズだと飲み込んだら致死量に至ってしまうからなのだとか。恐ろしい。。。

口の粘膜には角質層がないため、有害物質を一気に吸収してしまうそう。

スポンサーリンク

ねんどのハミガキの全成分

わたしたち親子が使用しているのはボディクレイ社の「ねんどのハミガキ」という商品。

容器を見ると、全成分が細かく書いてあります。

水、モンモリロナイト(吸着、皮膜、清掃剤)、グリセリン(湿潤剤)、ソルビトール(糖分、湿潤剤)、カオリン (吸着・清掃剤)、BG(湿潤剤)、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル(湿潤剤)、フェノキシエタノール (防腐剤)、ハッカ油(香料)、PCA-Na(湿潤剤)、カプリル酸グリセリル(防腐剤)、ティーツリー葉油(香料)

防腐剤や湿潤剤などが気になりますが、100%天然由来成分でできています。

もちろん、界面活性剤や研磨剤、合成香料など一切入っていません。

スポンサーリンク

ねんどのハミガキのメリット

身体に安全


もっともありがたいのが安全性の高さ。100%天然成分または天然由来成分なので、体には安全です。

吸着効果

主成分の「モンモリロナイト」は粘土鉱物で作られていて優れた吸着力があります、

原理としては、モンモリロナイトは1ミリの5000分の1というウィルス並み大きさの結晶でマイナスに帯電していて、プラスに帯電している汚れを磁石のように引き寄せるそう(吸着効果)。

わたしは6か月に1回、歯医者の定期健診に行き、歯のクリーニングをしているのですが、「歯間フロスがすっごくしっかり出来ている」といつもめちゃめちゃ褒められます。

たしかに夜に1度のフロスはしていますが、ねんどのハミガキを使い始める前は、そんな風に褒められたことは一度もありません。

おそらく粘土の成分が歯間の歯垢もしっかりと吸着している成果の現れだと思っています。

スポンサーリンク

歯が傷つかない


ねんどのハミガキは研磨剤を使っていないので歯のエナメル質を傷つけません。歯のエナメル質が傷つくと、そこから虫歯に発展する可能性が高くなります

低刺激で味がない

市販の歯磨き粉は、ミントの刺激がありますが、ねんどのハミガキには全く刺激がありません。ハミガキしてすぐに食べ物を食べても味がかわらないほど。

市販のハミガキに使用されている香味料の『サッカリンナトリウム』には発ガン性があるのですが、ねんどのハミガキは安心。

泡が出ない

市販の歯磨き粉は泡が出ますが、泡が出ることで満足してしまいがち。

ねんどのハミガキは泡が出ないので市販の歯磨き粉に慣れていたらはじめは物足らない感じがするかもしれませんが、逆に丁寧にしっかり磨こうという気持ちになります。

スポンサーリンク

ねんどのハミガキのデメリット


思いつきません。。。

あえて言うなら、「BG(湿潤剤)、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル(湿潤剤)、フェノキシエタノール (防腐剤)、PCA-Na(湿潤剤)、カプリル酸グリセリル(防腐剤)」などの天然由来成分ですが、はっきりいって市販の歯磨き粉の比にはならないほどに安全。わたしは問題ないと思っています。

もし歯磨き粉に100%天然を求めるのであれば「重曹歯磨き」がありますが、重曹歯磨きのデメリットとして

・歯のエナメル質を傷つける
・歯石がつきやすい

の2点があり、「虫歯に発展する可能性が高くなること」「歯茎が腫れてしまう危険性」を考えると、わたしはねんどのハミガキを継続して使用したいと思っています。

スポンサーリンク

ねんどのハミガキ3年経過。娘と私のお口の状態は?


娘は4歳の頃からねんどのハミガキ。歯磨きの最中ごっくん飲み込んでしまうこともあったりしますが、「ねんどのハミガキ」は安全な成分なので安心。

4歳までは、市販でとても安全なヴェレダやパックスの子ども用歯磨き粉を使っていました。


こちらも安心という観点ではすばらしい商品なのですが、歯の汚れを落とす(吸着する)という意味では「ねんどのハミガキ」には敵わないな、と思っています。

娘は、歯と歯の隙間がほとんど無い歯並びなので、歯医者さんには「この子は虫歯になりやすいよー」と脅されてきましたが、フロスも特に使用していないにも関わらず今のところ虫歯知らず。

私と一緒に歯医者さんには6か月に1度、定期的に通って診てもらっていますが「虫歯なし。ちゃんと磨けてるし、歯石もほとんどついてない!とてもいい状態。」といつも褒めらます。

私もとても褒められます。

朝・昼・夜と10分のハミガキをして、フロスは夜のみ行っていますが、「歯間フロスがすっごくしっかり出来ている。がんばっているね」といつもめちゃめちゃ褒められます(そこまで頑張ってないけど…)。

ねんどのハミガキを使い始める前は、そんな風に褒められたことは一度もありません。

間食もしっかりしていて、間食のときは歯磨きがおろそかになりますが、いちおう虫歯が出来ません。

・・・しかし1度だけ、リンゴにハマっていたことがあって、四六時中リンゴを食べていた時期があったのですが、そのときは虫歯ができました。リンゴの酸は歯を溶かして虫歯になりやすくしてしまうそう。

ちなみに、主人は断固として市販の歯磨き粉を使っていたのですが、私の勧めに負けてつい最近からねんどのハミガキを使い始めましたがハマってしまったようです。

市販の歯磨き粉の爽快感とは別に、「ハミガキ後の歯のさっぱり感が全っ然違う」と言っています。

実家の両親にもプレゼントしたら、はじめは半信半疑でしたが、先日追加のおねだりをしてきました。「ネットで買えるよ」と言っても私が「ねんどのハミガキ」を買う係になってしまっています。。

スポンサーリンク

さいごに


わたしも、娘も主人も「ねんどのハミガキ」を継続します。

ですが、市販の歯磨きを使っても、ねんどのハミガキを使っても、生活習慣や磨き方などによっては虫歯にはなりますし、歯石も完全には防げないと思います。

そして、歯科医院での定期的な検診やクリーニングは必須だと思います。

市販の歯磨き粉を使うのも自由ですが、私は、身体に安全、かつ効果的に汚れをとる製品を洗濯します。

「ねんどの」歯磨きにご興味ある方、ほんとうにおススメですので、ぜひ一度お試しくださいね。