子連れ家族旅行

富山で子どもと自然体験!落差日本一の称名滝に子連れで行ってみた!

富山といえば立山黒部アルペンルートですが、それ以外にも素晴らしい観光スポットがあることをご存知ですか?

その名も「称名滝」。なんと!落差が350mで日本一なんですよ!?

そんな富山が誇る日本一の滝「称名滝」に、6歳の娘を連れて行ってきたのですが、子どもとの素晴らしい自然体験になったので行った感想をレポートしたいと思います。

気になる
・行くまでの道のりのこと
・駐車場のこと
・トイレのこと
・食事のこと

もあわせて記事にしていますのでぜひご覧ください!

称名滝とは?

落差が日本一の滝で、富山でも有名な観光スポットの1つ。その落差は350m!!「日本の滝百選」にも選ばれています。滝の音が「称名念仏」を唱えているように聞こえたことから名づけられました。

水煙を上げながら一気に流れ落ちるその水量は毎秒0.5~2t、豊水期には100tにも達してしまうとのこと。

立山連峰の雪解け水が多く流れ込む春や水量が雨の日には、称名滝の右側にハンノキ滝が現れて2つの滝が流れ落ちます。

さらに水量が増した場合には称名滝・ハンノキ滝周辺にいくつもの小さな滝が 現れるたいへん珍しい光景に出会えることもあるのだとか。

アクセス

<住所>
●〒930-1406 富山県中新川郡立山町芦峅寺 称名平

<車で>
●北陸自動車道立山ICから車で約50分。その後徒歩30分。
※無料の駐車場が247台あります。

写真は駐車場。10月の雨の日の休日でやや余裕があるくらい。天気が良い場合は待ち行列ができる可能性があると思いました。

<電車・バスで>
●立山地方鉄道立山駅から称名滝探勝バス称名滝行きで約15分。その後徒歩30分。
●料金:片道 おとな 500円(こども250円)
●本数:7時~16時まで、だいたい約1時間に1本の頻度でバスが出ています。
※2020/1時点での情報です。
詳しい時刻表は、立山黒部アルペンルート公式HPをご覧ください。

こんな感じのバスが走っていました。

通行可能時間帯

称名滝を見にいくまでの道のりには、通行可能時間帯がありますのでご注意ください。

●4月下旬~6月 7:00~18:00※
●7月~8月   6:00~19:00
●9月~11月  7:00~18:00

※雪解けの状況で通行可能開始日が変わってくるようです。かつて、2011年にはゴールデンウィークに通行した記憶がありますが、2019年は、5/15から通行開始となっていました。

スポンサーリンク

 

称名滝までのハイキングスタート!

称名滝までのハイキングスタートです!正式には「称名滝探勝路」というそう。

日本一の滝を見るまで歩いて30分。がんばるぞ!

駐車場の横にはトイレが。ここから1時間以上は帰ってこれないので、初めにお手洗いを済ませてしまってもよいかもしれません。

詳しく見ませんでしたが、「称名滝資料館」なるものも。

称名滝探勝路の入り口にあるレストハウスには「愛の杖」なるものが貸し出しされています。

ここからは歩いてしか通行できません。自転車も通行止め。

ただし、ベビーカーはOKなのか、とても小さなお子様連れの観光客はベビーカーで称名滝に向かっていました。

まずはひたすら坂道

この日はあいにくの小雨。

まずはひたすら坂道を上ります。

坂道なのですが、舗装されているのでとても歩きやすい!

空気がめちゃめちゃおいしいし、紅葉前だったのですが、緑もきれい!

川の水もきれい!

15分ほど坂道を登ったでしょうか。。

道路に「あと1000m」と刻まれた案内が励ましてくれます。

中間地点

中間地点に到着!

「大日岳登山口」なるものを発見。

ここからは道が少し平坦になって、周りの景色を楽しめます。

平坦な道を5分ほど歩いたでしょうか。。かな~りいい感じの運動になって身体もぽかぽかと温まってきます。

右手に滝が見えますが、これは称名滝ではありませんよ~。

ふたたび坂道

ふたたび坂道が。。

休憩所のようなものがあって、お弁当なども食べられそう。ここにはトイレもありました。

スポンサーリンク

 

あと少し!!

称名滝までのハイキングコースはとっても良く出来ていて、最後の最後まで日本一の滝が見られないようなコースになっています。

この日は雨でしたが、霧のように滝の水しぶきが飛んでくるのと、地響きのような音がすでに聞こえました。

こちらは「称名橋」。

この橋の向こうには、富山が誇る落差日本一の滝が!!

もうすぐ滝が見られる!!

到着!!

称名滝に到着!!

称名滝のド迫力が写真では全くもって伝わらないので残念過ぎる!!

水煙を上げながらゴゴゴゴゴゴゴォォ~~~と滝つぼに一気に水が流れ落ちるその音や、水しぶきの臨場感が写真では伝わらず残念。。

水がきれい~。

滝との反対側の様子。

さらに階段を上ります。

この上には展望台と、写真スポットが。

中間の写真スポットで撮った写真がこちら。

さらに上の展望台で撮った写真がこちら。

スポンサーリンク

 

レストラン称名の肉うどんが最高にうまい!

称名滝探勝路の入り口にある「レストラン称名」。簡単なお土産売り場とレストランが一緒になっているお食事処で、ソフトクリームやアイスクリームも食べられます。

広~い店内。注文も、返却もセルフサービス。

自動販売機で食券を購入して注文。

水もセルフサービス。

すべて食べかけの写真でごめんなさい!主人は肉うどんを注文。

私が注文したのが牛丼。普通においしいけど、ご飯の量が多すぎて残してしまいました。。

娘はラーメンを注文。富山ブラックがここ称名滝でも楽しめますが、とてつもなくしょっぱいです!!!

やはり称名滝ハイキング後の肉うどんはテッパンだと思いました。

さいごに

今回称名滝に行ってみて感じたことは、子連れだけでなくお年を召した方と多くすれ違っとこと。

片道約30分のハイキングコースは子どもだけでなく、お年寄りにも楽しめる最高のレジャースポットだと感じました。

そして、やはり子供にはホンモノを見せるべきだと痛感。

というのも、娘には行く前に写真で称名滝を見せていたのですが、そのときは薄~い反応、、。

しかし!実際にド迫力の実物を目の前にして、大自然の素晴らしさを体感したのでしょう。階段を上ったり下りたり、写真を撮れと大はしゃぎ!!

さらには滝つぼをじーーーっと眺めて、「あそこに落ちたら死んじゃうよね。。。」とも。

自然のすごさも、美しさも、怖さも体感できた素晴らしい体験だったようでした。

ぜひ、素敵なハイキングに、子供の自然体験学習に、ぜひ称名滝にいかれてみてください!!