健康

低気圧・梅雨のむくみや頭痛の解消法・予防法。原因は栄養素?

私はかつて常に身体がむくんでいました。とくに梅雨の時期が最悪。。。

むくみって本当に嫌ですよね。。太って見えるしまぶたが腫れて顔立ちがハッキリしなくなるし。

ずっと体質なのかな。。とあきらめていたのですが、10年以上前、妊活中に出会った漢方医が、とてもためになるお話をして下さりました。

なるほど~と本当に納得できるお話だったし、素直に実践したら効果テキメン!

先生が話して下さったことは、雨の日や低気圧で頭痛や関節痛になってしまう人にも参考になると思いますのでブログにまとめてみたいと思います。

梅雨の時期はどうしてむくみがひどくなるの?


梅雨の時期はむくみやすい原因が重なってしまうのだそう。

雨の日や梅雨の時期は気圧が下がります。気圧が下がることで体の外側からの圧力が低くなり、血管から水分が漏れてしまうのだそうです。

また、梅雨の時期は気温や気圧が不安定な状態が続くため、自律神経が乱れやすくなったり、湿度が高くなることで身体の中の余分な水分が皮膚から発散されにくくなってしまうのも、むくみひどくしている原因。

スポンサーリンク

 

脳もむくむ!?


雨の日や梅雨の低気圧で頭痛になってしまう人は、実は脳のむくみが原因なのだとか。

え!?脳ってむくむの!?と思われそうですが、脳も身体と同じように血管が通っているので原理は同じです。

気圧が下がることで脳の血管の浸透圧が変化して血管から水分が漏れ出してしまうのだそう。脳にはたくさんの神経が通っているので、神経が圧迫され頭痛となってしまうのだそうです。

関節痛も同じ原理で説明できるそう。

スポンサーリンク

 

むくみや頭痛の解消法・予防法

では具体的に、私が効果テキメンだった梅雨のむくみ解消法3つをお伝えします。

タンパク質の摂取


健康な人がむくんでしまうもっとも大きな原因は「タンパク質不足(アルブミン不足)」。アルブミンとはタンパク質の成分で、血液中の水分調節をするいわばスポンジのようなはたらきをしています。

血液中にアルブミンが不足すると血管内に水分を取り込む圧力が弱くなり、血管から水分が漏れ、周りについている脂肪細胞などが水分を取り込んでしまい、結果むくみとなってしまうのだそうです。

私はタンパク質を意識してとるようになった直後、本当にいろんな人に「痩せた?」とか「顔が変わったね。」「フェイスラインが全然違う。」と言われるようになりました。

スポンサーリンク

 

適度な運動(ストレッチ)


むくみをとるには、リンパの流れをスムーズにすることが一番大事です。一番おすすめの運動は「ストレッチ」。むくみに効果テキメンです。

たくさんのストレッチ本が出ていますが、どれでもいいです。私は以下の2冊の本を持っていますが、どちらも素晴らしい。

こちらはちょっと古い本なのですが、どの筋肉が伸びているのか、どのリンパを流しているのかがわかりやすくて私は大好きです。

こちらはマンガが楽しくてわかりやすい!個人的におすすめなのは「全身サビ取りストレッチ」。

私はストレッチを日課にしたら本当にむくまなくなり、ゆっくりと長い期間をかけて5kgほどすっきりしました。リバウンドもしていません。

忙しくなるとさぼりがちになるのですが、そしたら体が嫌~なかんじになってきます。

なので覚えたストレッチを隙間時間を利用して(仕事中や家事の合間に)ちょこちょことやるようにしています。電車の中で誰にも気づかれずにでできるストレッチもありますよ。

リンパは身体だけでなく、頭部にも流れているので、梅雨の頭痛にお悩みの場合は頭部のリンパを流すよう頸部(首)のストレッチをするのが良いと思います。

首のストレッチはフェイスラインがスッキリします!

スポンサーリンク

 

ミネラル(カリウム・カルシウム)の補給


浮腫む原因として思いつくのは塩分過多ですが、塩分(ナトリウム)を排出させるミネラルが「カリウム」と「カルシウム」です。カリウム、カルシウムともに身体にたまったナトリウムの排出を促進します。

とくにカルシウムとナトリウムの作用は互いに打ち消しあう関係にあり、カルシウムは身体にたまったナトリウムの排出を促進するに加えて、過剰に摂取したナトリウムの吸収を妨げ、排出されやすくする働きもあります。

カルシウム=乳製品というイメージが誰にもあると思いますが、私の場合はカルシウムを乳製品から摂取しませんでした。

乳製品が良い/悪いについては諸説あります。

●日本人の80%以上は乳糖不耐症である
●乳製品は体が酸性に傾く
●ホルモン異常をきたす

、、、などなどが具体的な説ですが、私の場合は乳製品を摂取すると「胸が張る」「イライラしやすくなる」「PMSがひどくなる」など体調がすぐれないことが体感としてわかっていたので乳製品以外でカルシウムを摂取。

コントレックスという水でカルシウムを補給しています。

コントレックスはカルシウムを豊富に含む硬水。ダイエット目的で飲む方が多いですよね!?

<コントレックス(水)の100mlあたりの栄養成分>
カルシウム46.8mg
マグネシウム7.45mg
カリウム0.28mg

スポンサーリンク

 

さいごに


梅雨のむくみは身体が重いだけでなく、心も落ち込んでしまいがち。

毎日の生活のなかでちょっとした工夫をするだけで、私は梅雨のむくみとは無縁に。雨の日が続いてもハッピー!

本当に、本当に効果がありますので、ぜひ生活の中に取り入れていただきたいなと思います!